Proj
J-GLOBAL ID:202104013901405602  Research Project code:15665267

フィールド・エピジェネティクス:環境変動下での頑健性の基盤

フィールド・エピジェネティクス:環境変動下での頑健性の基盤
National award number:JPMJCR15O1
Study period:2015 - 2020
Organization (1):
Principal investigator: ( , 生態学研究センター, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR15O1
Research overview:
植物は、複雑な自然環境に惑わされず、必要なシグナルに応答する頑健性を備えています。ヒストン修飾、ヒストンバリアント、DNAメチル化といったエピジェネティック制御が頑健性をもたらすと考えられます。本研究では、これまで未知であった、フィールド(実環境)におけるエピゲノム動態を捕捉します。数年にわたる長期時系列エピゲノムデータの取得と、それを用いた遺伝子発現のモデリングにより、頑健性の基盤を理解します。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 環境変動に対する植物の頑健性の解明と応用に向けた基盤技術の創出
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page