Proj
J-GLOBAL ID:202104013912938602  Research Project code:07051129

遺伝子破壊による糖鎖機能の戦略的解明

遺伝子破壊による糖鎖機能の戦略的解明
National award number:JPMJCR03I4
Study period:2003 - 2008
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院理学研究院 )
Research overview:
線虫はヒトの糖鎖関連遺伝子の解析に極めて適したモデル生物です。ヒトの糖鎖形成に関与している様々な遺伝子と同様な遺伝子を線虫で選び出し、その遺伝子機能をRNA干渉(RNAi)法と突然変異体の分離によって網羅的に解析し、その機能と遺伝子ネットワークを完全に解明することを目標とします。さらにヒト遺伝子を導入した線虫や、ヒト細胞や移植癌での遺伝子機能を種々の方法で解析し、ヒトの疾患解析や創薬ターゲット探索に結びつけます。
Research program:
Parent Research Project: 糖鎖の生物機能の解明と利用技術
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page