Proj
J-GLOBAL ID:202104013960985965  Research Project code:20345501

非破壊検査における検出効率向上を企図した高密度シンチレータの開発

非破壊検査における検出効率向上を企図した高密度シンチレータの開発
National award number:JPMJTM20FP
Study period:2020 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 先端科学技術研究科, 特任助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJTM20FP
Research overview:
シンチレータは入射した放射線のエネルギーを光子に変換する蛍光材料であり、医療・セキュリティなどの放射線計測用途に幅広く利用される。本研究では主にX線計測による非破壊検査への応用を目的とし、高エネルギー放射線に対して高い相互作用確率を有する重元素シンチレータとしてハフニウム系酸化物に着目した。当該材料群は2400度以上の融点を有することからほとんど検討されてこなかったが、今回は従来品のCdWO4シンチレータよりも密度・実効原子番号共に高い化合物を対象として、希土類イオンを発光中心としたハフニウム系酸化物単結晶の合成およびその光学特性・検出器特性の評価を行う。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page