Proj
J-GLOBAL ID:202104014078542883  Research Project code:7700010092

酸化ストレスプロテオーム解析用蛍光標識キットの実用化

酸化ストレスプロテオーム解析用蛍光標識キットの実用化
Study period:2006 - 2006
Organization (1):
Principal investigator: ( , 農学部 )
Research overview:
活性酸素やフリーラジカルによって生じる酸化ストレスは、遺伝子やタンパク質に傷害を及ぼし生活習慣病(糖尿病など)、老化、発がんの原因となることが知られている。生体内において酸化傷害を受けたタンパク質、遺伝子、脂質はこれらの疾病のバイオマーカーとなると考えられ、その分析方法の開発が診断や医薬品開発の領域で求められている。そこで、本研究提案では酸化傷害を受けた時にタンパク質に見られるカルボニル化を標的に、酸化ストレスの定量、酸化タンパク質の同定に有用な新規蛍光標識試薬の開発およびそれを用いたプロテオーム解析技術
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page