Proj
J-GLOBAL ID:202104014108158102  Research Project code:08003130

組込み式次世代型超臨場感音場再生システムの開発

組込み式次世代型超臨場感音場再生システムの開発
Study period:2007 - 2007
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院理工学研究部, 准教授 )
Research overview:
現在、デジタルハイビジョン対応の薄型大型テレビなどに代表される映像再生装置は、地上デジタル放送の開始や機器の低価格化もあり急激に普及している。映像面では画面のサイズの大型化や、解像度の向上により高い臨場感が得られるが、主目的の映画鑑賞や演奏会等を見る場合には音響面での臨場感が得られないので、スピーカーを複数台設置しているのが実状である。しかしながら、増設されたスピーカーから放射される音は、室内壁面への反射に起因する歪が重畳され、室内環境固有の響きが加わることで、臨場感が損なわれてしまうと言う問題がある。室内スペースも狭くなり高コストになる事から,消費者の欲求がなかなか満たされていないのが現状である。そこで、本申請研究では電気音響的な信号処理技術により、スピーカーの増設無しで超臨場感を得る制御装置を考案し、大型テレビに安価でコンパクトな組み込み可能な物を開発するものである。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page