Proj
J-GLOBAL ID:202104014271503801  Research Project code:09157871

突発的辛味発現のない野菜用トウガラシ品種育成に向けたDNAマーカー開発

突発的辛味発現のない野菜用トウガラシ品種育成に向けたDNAマーカー開発
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院農学研究科, 准教授 )
Research overview:
突発的な異常辛味を発現することがあるシシトウ等野菜用甘味トウガラシ品種に、シーズである「極低辛味遺伝子(cf )」を導入する研究である。このcf遺伝子は単因子で働くため環境に影響されにくく、安定的に極低辛味形質を維持、発現するトウガラシ品種開発に寄与できる。このため、本課題ではcf遺伝子に連鎖したDNAマーカーを開発し、突発的な辛味発現をすることのない野菜用トウガラシ品種育成に利用するものである。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page