Proj
J-GLOBAL ID:202104014272532104  Research Project code:08000957

三重らせん構造を有する抗菌性ペプチドの開発

三重らせん構造を有する抗菌性ペプチドの開発
Study period:2007 - 2007
Organization (1):
Principal investigator: ( , 物質創成科学研究科, 教授 )
Research overview:
抗菌性ペプチドは、哺乳類や両生類、昆虫等に幅広く存在し、細菌感染の防御に重要な役割を果たしている。また、薬剤耐性菌を誘導し難いことからも近年注目を集めている。代表研究者は、三重らせん構造を形成するコラーゲン様ポリペプチドの化学合成について報告してきた。本試験研究では、α-へリックス形成抗菌性ペプチドの構造に倣った三重らせん構造形成抗菌性ペプチドの設計と合成を行い、安定で高活性な新規抗菌性ペプチドを開発する。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page