Proj
J-GLOBAL ID:202104014370842545  Research Project code:09156738

CFRP板接着による疲労き裂補修のための表面処理方法とストップホールの穿孔条件

CFRP板接着による疲労き裂補修のための表面処理方法とストップホールの穿孔条件
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院 都市環境科学研究科, 助教 )
Research overview:
本研究は、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)板の接着による疲労き裂の補修工法の実用化へ向けた設計資料を得ることを目的としたものである。まず、鋼部材の素地調整が接着の品質に大きな影響を及ぼすことから、現場の施工性を考慮した具体的な表面処理方法を実験的に検討する。さらに、従来工法であるストップホール法にCFRP板接着工法を併用した場合におけるストップホールの穿孔条件や、疲労耐久性を明らかにする。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page