Proj
J-GLOBAL ID:202104014407960233  Research Project code:13416195

転写基本因子TFIIDの結晶構造解析を介したクロマチン転写制御機構の解明

転写基本因子TFIIDの結晶構造解析を介したクロマチン転写制御機構の解明
National award number:JPMJPR13L1
Study period:2013 - 2016
Organization (1):
Principal investigator: ( , 物質構造科学研究所, 特別助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR13L1
Research overview:
転写基本因子TFIIDは、クロマチン構造を形成したゲノムDNAから転写反応を活性化する分子機構の中心因子であり、細胞内外から到達する情報を転写反応のON/OFFへと変換する情報集約装置です。本研究提案では、X線結晶構造解析・単粒子解析・X線小角散乱等の手法を組み合わせてTFIID及びTFIIDを含む巨大複合体の立体構造を解析し、TFIIDによるクロマチン転写制御機構と情報集約機構を解明します。
Research program:
Parent Research Project: ライフサイエンスの革新を目指した構造生命科学と先端的基盤技術
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page