Proj
J-GLOBAL ID:202104014441671313  Research Project code:08069553

自己組織化タンパク質による超高感度バイオセンシングシステムの開発

自己組織化タンパク質による超高感度バイオセンシングシステムの開発
Study period:2008 - 2008
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院生命理工学研究科, 准教授 )
Research overview:
疎水性が高く、かつ自己組織化能を有する抗体結合タンパク質を設計・合成し、これを利用した超高感度バイオセンシングシステムを構築することを目的とする。基本骨格となる疎水性構造を有するアミノ酸配列ドメインは、疎水性基板表面との強固な集積を可能とし、自己組織化ドメイン及び抗体結合ドメインは、基板へのタンパク質の配向を制御し、高密度な抗体集積を可能とするものである。これらのドメインが連結した新規タンパク質を遺伝子工学的に合成し、基板上に集積してその性能を評価する。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page