Proj
J-GLOBAL ID:202104014488285462  Research Project code:11104508

患者の重症度を目視で評価する「ATP 発色診断法」の開発

患者の重症度を目視で評価する「ATP 発色診断法」の開発
Study period:2011 - 2012
Organization (1):
Research responsibility: ( , 疾患酵素学研究センター, 助教 )
Research overview:
現在、ICU管理患者の重症度診断法としてAPACHE IIが広範に用いられているが、検査項目が多く、その診断に24時間もの時間を要している。申請者らは、これに代わる新規の重症度診断法(A-LES)を開発し、本法がAPACHE IIよりも簡便・迅速(1時間以内)かつ正確であることを実証してきた。しかしA-LESによる診断の実施にはルミノメーターが不可欠であり、装置不要を望む現場からの声も多かった。そこで申請者らは本研究で、医師が患者の重症度を(装置不要かつ)目視で評価する「ATP発色診断法」の開発に取り組んだ。その結果、患者の採血から30分以内の簡易的診断は実現したが、定量的診断については今後の技術的改善が望まれた。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page