Proj
J-GLOBAL ID:202104014518078432  Research Project code:7700006297

微小共振器型近赤外発光素子の開発

微小共振器型近赤外発光素子の開発
Study period:2006 - 2006
Organization (1):
Principal investigator: ( , 材料技術研究所, 主任研究員 )
Research overview:
報の大容量化時代を迎えて光ネットワーク網が整備されつつあり、光デバイス用材料の開発が盛んに行われている。申請者らは光通信に最適な近赤外光(1.5um)を発光可能な希土類添加ZnO エピタキシャル薄膜の開発に成功している。また、デバイス化に向けた電界印加法・微小構造制御法といった要素技術の検討も行っており、各要素技術の複合適正化が進めば、新規光機能素子の実用化の可能性は高い。そこで本研究では、発光領域を波長程度に制限することで得られるマイクロ物性の確認および電界印加方法の適正化を図り、電界駆動による近赤外発光素子の動作を確認し、実用化の可能性を示すことを目的とする。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page