Proj
J-GLOBAL ID:202104014601806610  Research Project code:08069516

関節軟骨の診断システムの開発

関節軟骨の診断システムの開発
Study period:2008 - 2008
Organization (1):
Principal investigator: ( , 医学部保健学科, 教授 )
Research overview:
変形性関節症に至る関節軟骨の臨床評価には,これまでは関節鏡と押込み棒を併用して、その押込む感触と軟骨の表面状態を目視で診断している状態であり、客観的診断とはほど遠い状況である。本申請技術は、これまでの医師の経験的判断を用いずに、関節軟骨の損傷状態を定量的に明らかにするものであり、関節鏡と本技術から構成されるモニタリングシステムによる新たな診断装置によって、関節軟骨診断法を確立するものである。
Terms in the title (3):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page