Proj
J-GLOBAL ID:202104014689867524  Research Project code:09156384

次世代高発光効率プラズマ平面照明パネル技術の開発

次世代高発光効率プラズマ平面照明パネル技術の開発
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 先端科学イノベーションセンター, 教授 )
Research overview:
壁や天井に容易に取り付けられ、環境にやさしい(水銀レス、低消費電力)、高発光効率な平面照明の可能性を明らかにする事が、本開発の目的である。蛍光灯の原理を用いたこれまでの平面照明は、ガラス板あるいは誘電体を介した放電方式であるため、発光効率が低く(約25 lm/w)、軽量・大面積化が困難で、かつ製造コストも高いという問題があった。そこで、低電圧で内部放電させる画期的な放電構造と全ての光を取り出す金属背面板構造を考案し、高発光効率(50 lm/w以上)で薄型・軽量・大面積、かつ低コストな方式の実現を目指している。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page