Proj
J-GLOBAL ID:202104014706767601  Research Project code:08069661

光応答抽出剤を用いた無廃棄物型貴金属リサイクル技術の開発

光応答抽出剤を用いた無廃棄物型貴金属リサイクル技術の開発
Study period:2008 - 2008
Organization (1):
Principal investigator: ( , 資源化学研究所, 准教授 )
Research overview:
波長の異なる光(UV光、可視光)の照射によって抽出剤分子の構造を変化させることにより貴金属類を高選択回収できる「光応答型抽出プロセス」の構築を目指す。本プロセスでは光照射で貴金属を分離回収するために新たな化学物質の添加が不要であり、二次廃棄物発生を大幅に低減できる。光応答抽出剤にアゾピリジン化合物を、協同抽出剤に疎水性カルボン酸を用いることで光応答抽出効果を向上させ、本プロセスの実用化への道を開く。
Terms in the title (6):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page