Proj
J-GLOBAL ID:202104014762412743  Research Project code:12101795

生体に対する抗体導入効率向上技術の開発

生体に対する抗体導入効率向上技術の開発
Study period:2012 - 2013
Organization (1):
Research responsibility: ( , 医学部薬理学, 教授 )
Research overview:
本プロジェクトはがん細胞において高い抗体の細胞内導入効率を獲得し、増殖や転移を強く抑制する技術を確立することを最終の目標としている。これに対して今回の実施期間では、医工情報連携拠点(JST産官学連携拠点)を活用し、(プロ)レニン受容体に対する抗体の膵管がん細胞における増殖抑制作用のスクリーニングをおこなった。その結果、ある種の抗体が培養ヒト膵管がん細胞の増殖を抑制し、モデル動物においてもがん抑制効果を生じた。これら研究成果は、昨年度9月に出願した特許「がんマーカーおよびその用途」に追加データとして加えられ、本年9月にPCT出願をおこなった。また、学会・展示会(DSANJ疾患別商談会)での発表をおこない、現在論文の投稿を予定している。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page