Proj
J-GLOBAL ID:202104014868427502  Research Project code:7700005668

標的蛋白の構造情報に基づいたバーチャルスクリーニングと細胞系での薬効検定による糖尿病合併症薬の開発研究

標的蛋白の構造情報に基づいたバーチャルスクリーニングと細胞系での薬効検定による糖尿病合併症薬の開発研究
Study period:2006 - 2006
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院医学系研究科, 教授 )
Research overview:
糖尿病患者の生命予後とquality of life(QOL)を損ねる元凶は、腎症、網膜症などの血管合併症である。研究代表者らは、糖化蛋白レセプター(receptor for advanced glycation endproducts, RAGE)が糖尿病血管合併症克服のための分子標的であることを世界に先駆けて明らかにし、その三次元構造を決定した。本応募課題では、この構造情報に基づくバーチャルスクリーニングを行い、得られた候補化合物の薬効を生物学的に検定する。これにより、RAGE 拮抗薬の開発を目指す。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page