Proj
J-GLOBAL ID:202104015125852639  Research Project code:19189215

適材適所システム:広葉樹林業で発生する多様な小径木の家具および建築への応用

適材適所システム:広葉樹林業で発生する多様な小径木の家具および建築への応用
National award number:JPMJPR17UT
Study period:2019 - 2020
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院情報理工学系研究科, 大学院生(博士課程) )
Research overview:
本提案では廃材のような不定形な材料の有効活用を促進するような仕組みを構築し、試験的に枝材を用いた家具や建築要素の設計、製作に取り組みます。実際の枝の3次元モデルを用いる点、枝のような端材の適材適所が特徴です。CNC加工機によって壊れやすい枝にも精密に加工し、狙った形状を実現することで、今まで廃材として捨てられていた素材に付加価値を与えることを目標としています。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 情報と未来
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page