Proj
J-GLOBAL ID:202104015178980272  Research Project code:20343335

地域の医療・保健・福祉・教育が連携して自殺ハイリスクの子どもを守る社会システムのシナリオ創出

地域の医療・保健・福祉・教育が連携して自殺ハイリスクの子どもを守る社会システムのシナリオ創出
National award number:JPMJRX20I4
Study period:2020 - 2022
Organization (1):
Principal investigator: ( , こころの診療部 乳幼児メンタルヘルス診療科, 診療部長  )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJRX20I4
Research overview:
【解決すべき社会課題・ボトルネック】 東京都は全国の都道府県の中でも子どもの自殺数が非常に多い一方で、子どもの心のケアを行う医療機関は多いが、教育や児童福祉など関係機関との相互の連携体制が乏しく、その構築が課題である。一方、長野県における未成年の過去5年間の自殺死亡率は全国と比較して極めて高い水準にあるにもかかわらず長野市には同規模自治体に比べて児童精神科医療機関が少なく、子どもの心のケアを行うリソースが乏しい。これらの地域において子どもの自殺・自傷のケアと予防が地域の課題となっているため、解決に向けて子どもの自殺を確実に防ぐ環境を整備する。 【活用する技術シーズと解決するための手法】 子どもの自殺を防ぐために、成人領域で自殺予防に有効であることが科学的に実証されているACTION-J介入プログラム(救急医療現場における自殺企図者に対し、正確な精神医学的評価、心理的危機介入、ケースマネージメントを行う自殺再企図防止の戦略研究[Kawanishi et al., 2014])を技術シーズとして用い、子どもの自殺のハイリスク者である自殺企図者をケアし自殺再企図を防ぐための医療・保健・福祉・教育などが連携した地域介入プログラム小児医療版ACTION-J(ACTION-J for Pediatrics:ACTION-JP)を確立する。
Research program:
Parent Research Project: SDGsの達成に向けた共創的研究開発プログラム(シナリオ創出フェーズ)
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page