Proj
J-GLOBAL ID:202104015332716354  Research Project code:07051296

光格子によるアトムトロニクスのためのデバイス開発

光格子によるアトムトロニクスのためのデバイス開発
National award number:JPMJPR06C3
Study period:2006 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , Physics Department, Postdoctoral Fellow )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR06C3
Research overview:
光格子内に導入された量子縮退したガスの研究は、近年目覚しい発展を遂げており、その成果の中には、各サイトへの単一原子の送り込みや原子集団、単一原子の動きの制御など、量子情報処理や量子シミュレーションにとって重要な技術に発展しうるアイデアが含まれています。また、光格子は、物質波の輸送にとっても優れた環境を提供し、超精密な力のセンサーや原子波干渉計などへの応用が期待できます。本研究では光格子を用いたアトムトロニクス、小型集積化原子デバイスのための基盤技術を開拓していきます。
Terms in the title (2):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 光の創成・操作と展開
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page