Proj
J-GLOBAL ID:202104015390341808  Research Project code:10102200

ナノ細孔空間を利用した超高活性原子状パラジウム触媒の創成

ナノ細孔空間を利用した超高活性原子状パラジウム触媒の創成
Study period:2010 - 2010
Organization (1):
Research responsibility: ( , 工学(系)研究科(研究院) )
Research overview:
これまで、Pd/USYに水素をバブリングしながら鈴木カップリング反応を行うことで、USYゼオライトの細孔内で原子状パラジウムが形成し、反応活性が顕著に増大することを見出してきた。「水素バブリング法」をより簡便な「ヒドラジン添加法」に変えた検討をおこなった。SPring-8のシンクロトロン放射光を使った解析を行い、原子状パラジウムの形成過程を観察することに成功した。IRMS-TPD法によって原子状パラジウムに対するUSYゼオライトの酸点の効果を考察した。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page