Proj
J-GLOBAL ID:202104015422978323  Research Project code:11101363

高純度金属ナノ粒子担持マイクロ粒子の製造技術の開発

高純度金属ナノ粒子担持マイクロ粒子の製造技術の開発
Study period:2011 - 2011
Organization (1):
Research responsibility: ( , ファイバーナノテク国際若手研究者育成拠点, 助教 )
Research overview:
保護剤や還元剤を一切使用することなく"高純度の金属ナノ粒子をミクロンサイズの粒子(マイクロ粒子)上へ担持する技術の開発を目標として研究を進めてきた。その結果、超音波を利用することにより、"保護剤や還元剤を一切使用することなく"金ナノ粒子をポリマー粒子上に均一に担持することに成功した。また、担持する金ナノ粒子のサイズや担持量を制御する技術も見出した。今後は、核粒子や担持する金属の多様性を検討し、触媒、エレクトロニクス、光学材料、医療用材料、装飾品分野など、幅広い分野での応用の可能性を模索していく予定である。さらに、本技術の実用化・早期技術移転の実現に向けて、大量生産技術の開発を進める。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page