Proj
J-GLOBAL ID:202104015445603700  Research Project code:18070359

新規遺伝子導入法による神経細胞樹状突起の光操作と測光

新規遺伝子導入法による神経細胞樹状突起の光操作と測光
National award number:JPMJPR1883
Study period:2018 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , バイオメディシン・ディスカバリー研究所, グループリーダー )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR1883
Research overview:
大脳皮質の情報処理の演算ユニットは神経細胞です。その細胞内構造である樹状突起は、微小な入力信号を電気的に増幅できます。今までネットワークの計算と思われていた非線形な視覚応答が、樹状突起の演算で生じることを因果的に示すため、マウス大脳皮質視覚野4層の単一神経細胞にて樹状突起活動を光操作・測光します。樹状突起が演算サブユニットとして持つ豊かな計算能力を示すことで、皮質情報処理に対する理解を変えます。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 生命機能メカニズム解明のための光操作技術
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page