Proj
J-GLOBAL ID:202104015641895670  Research Project code:16817624

植物病原体:環境条件の変化の下における真菌を用いた作物の収量と品質の向上法(Poise)

植物病原体:環境条件の変化の下における真菌を用いた作物の収量と品質の向上法(Poise)
National award number:JPMJSC16C1
Study period:2016 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 自然科学系, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJSC16C1
Research overview:
本研究は、乾燥・高CO2・温度などの環境ストレス下において、作物の収量・機能性向上をもたらす病原性微生物の処理条件を検証し、その調節機構をトランスオミクスにより解明するとともに、その統合モデルを構築する事を目的とする。 日本側はイネを材料とした研究とプロテオミクスを担当する。スペイン側はトマトを材料に研究を推進する。ドイツ側はメタボロミクスおよびイオノミクスを、チェコ側はフェノミクスおよびホルモノミクスを実施する。 日欧の研究チームによる相互補完的な共同研究により、温暖化などの環境変動下においても収量・品質を向上させる事のできる、環境に優しくサステナブルな微生物処理法の設計・確立が期待される。
Terms in the title (6):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 食料及びバイオマスの生産技術
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page