Proj
J-GLOBAL ID:202104015646681482  Research Project code:09152487

分子配列制御による有機トランジスタの高性能化

分子配列制御による有機トランジスタの高性能化
National award number:JPMJPR0965
Study period:2009 - 2012
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院工学系研究科, 助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR0965
Research overview:
有機電界効果トランジスタは、次世代有機エレクトロニクスにおけるスイッチング素子として必要不可欠です。本研究では、電荷輸送を担うユニットとしてヘテロアセンに着目し、それらを高秩序に配列させることで電荷移動度を飛躍的に向上させます。具体的には、有機化合物の特徴を最大限に活かした溶液プロセスによる素子作成に適用可能な分子へと進化させ、実用的次世代有機トランジスタ用半導体材料を開発することを目指します。
Terms in the title (3):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 革新的次世代デバイスを目指す材料とプロセス
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page