Proj
J-GLOBAL ID:202104015712368898  Research Project code:16814103

細胞老化の鍵を握る脂質新機能の光操作による解明

細胞老化の鍵を握る脂質新機能の光操作による解明
National award number:JPMJPR1686
Study period:2016 - 2020
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院医学研究科, 講師 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR1686
Research overview:
細胞老化のメカニズムの1つとして、細胞膜の重篤なキズにより老化が起こるという説が発見されました。本研究では、このメカニズムを細胞脂質の障害・リクルートを光操作することにより解析します。この研究により、細胞老化の新奇のメカニズムを解明するとともに、光による細胞老化を制御する可能性を検証します。さらに、細胞のがん化に関する新しい機構を提案します。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 生命機能メカニズム解明のための光操作技術
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page