Proj
J-GLOBAL ID:202104015745569961  Research Project code:12101636

合成代謝経路構築によるシアノバクテリアのバイオアルコール生産

合成代謝経路構築によるシアノバクテリアのバイオアルコール生産
National award number:JPMJCR12V3
Study period:2012 - 2017
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院農学研究院, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR12V3
Research overview:
本研究は、シアノバクテリア(ラン藻)に大規模な遺伝子組み換え技術を利用して外来遺伝子群を導入し、合成代謝経路(連鎖的な酵素反応)を構築することで、シアノバクテリアが本来生産しない化学物質(イソプロパノール等のバイオアルコール)を連続生産させるための基盤技術を構築することを目的としています。本研究により、火力発電所等の燃焼排ガスに含まれる二酸化炭素を原料として、石油代替燃料および化成品原料として活用できるバイオアルコール生産が可能となり、低炭素循環型社会の実現に貢献することが期待されます。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 藻類・水圏微生物の機能解明と制御によるバイオエネルギー創成のための基盤技術の創出
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page