Proj
J-GLOBAL ID:202104015810450101  Research Project code:11103913

褥瘡の予防・治療のためのシンバイオテイクスの開発

褥瘡の予防・治療のためのシンバイオテイクスの開発
Study period:2011 - 2012
Organization (1):
Research responsibility: ( , 先端医学研究機構 施設部/動物実験施設, 講師 )
Research overview:
褥瘡の予防・治療のためのシンバイオテイクスの開発を目標として、体重減少(栄養低下)、食物繊維の摂取不足と腸内環境(善玉菌)と創傷治癒との関連性を明らかにするために、種々の食材の不規則な給餌と通常食の不断給餌が創傷遅延に及ぼす影響を、自然発症糖尿病マウスを用いて検討した。その結果、8週間の給餌において、難治性創傷に対する有意な治癒効果が認められた。当該食材はすでに安全性が確認されており、より効果的な栄養成分の組合せと濃度設定により臨床応用への可能性が示唆された。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page