Proj
J-GLOBAL ID:202104015847089433  Research Project code:11101997

舌圧センサシートを用いた嚥下機能評価アルゴリズムの構築

舌圧センサシートを用いた嚥下機能評価アルゴリズムの構築
Study period:2011 - 2011
Organization (1):
Research responsibility: ( , 大学院医歯学総合研究科 )
Research overview:
舌は口蓋と接触することにより、咀嚼・嚥下・構音機能において重要な役割を果たしている。我々は舌と口蓋との接触圧をベッドサイドにおいても簡便かつ精密に測定できる舌圧センサシートシステムを開発した。このセンサシートは5点の感圧点を持ち非常に薄く、特別なアプライアンスを必要としないために生理的な条件下で定量的な測定が可能である。本研究開発課題では、本システムの有用性を確認するために、舌圧の測定結果が嚥下に関わるその他の器官の動きや食塊の動きなどとどのように関連しているかを検証した。その結果、舌圧発現は口腔期だけではなく咽頭期にも及んでおり、舌や舌骨の動きと密接な関係を持っていることが明らかとなった。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page