Proj
J-GLOBAL ID:202104015864571770  Research Project code:08000605

人の行動解析に有効で長時間使用ができる可搬型眼球運動測定装置の開発

人の行動解析に有効で長時間使用ができる可搬型眼球運動測定装置の開発
Study period:2007 - 2007
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院工学研究科情報理工学専攻 )
Research overview:
本課題は、認知症の早期発見、リハビリにおけるモニターなどに使われる眼球運動測定装置に関するものであり、可搬型としての小型・軽量化を実現し、人間の行動解析を長時間に渡って可能とするものである。眼球運動測定装置は、眼球運動検出センサーと視野画像撮影カメラを顔に装着し、その出力を処理するモバイルパソコンで構成する。本課題では、主に超小型検出センサーと処理ソフトウェアの開発を行う。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page