Proj
J-GLOBAL ID:202104015889596980  Research Project code:08003215

だるま落とし保護法を用いた糖鎖自動合成機の開発

だるま落とし保護法を用いた糖鎖自動合成機の開発
Study period:2007 - 2007
Organization (1):
Principal investigator: ( , 食品総合研究所 食品バイオテクノロジー研究領域 機能分子設計ユニット, 主任研究官 )
Research overview:
生物機能の解明と活用のためには、第3の生命鎖と呼ばれる糖鎖の機能解明が必須である。しかし現在においても、DNA自動合成機、ペプチド自動合成機は存在するが、満足のいく糖鎖自動合成機は存在しない。そこで、本提案では申請者が独自に開発した糖鎖合成手法である「だるま落とし保護法」に最適化した、市販化を見据えた廉価な糖鎖自動合成機の基本システムの構築を目指す。
Terms in the title (3):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page