Proj
J-GLOBAL ID:202104015893200748  Research Project code:09157493

大腸癌の簡易診断を目指した異常メチル化検出試薬の開発

大腸癌の簡易診断を目指した異常メチル化検出試薬の開発
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 工学研究院物質工学研究系, 教授 )
Research overview:
後天的遺伝子変化(エピジェネティクス)であるDNAの異常メチル化は癌化に深く関与している。従って、その現象の迅速かつ簡便な検出法の開発が重要。本提案では大腸癌の診断のため、独自開発した蛍光性ペプチドインターカレータ(FKA)の分子構造を改良し,DNA異常メチル化の簡易測定法を開発。FKAはDNA塩基の違いを識別できる可能性があり、従来法では識別が困難だったパターンの簡易識別法となる可能性もある。
Terms in the title (6):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page