Proj
J-GLOBAL ID:202104016032671312  Research Project code:20346826

植物一過的発現システムによるウイルス様粒子(VLP)生産

植物一過的発現システムによるウイルス様粒子(VLP)生産
National award number:JPMJTM20BV
Study period:2020 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 生命環境系, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJTM20BV
Research overview:
申請者は、世界的にトップレベルの収量を誇る、植物における一過的タンパク質発現システムを開発した。また、タンパク質の種類によっては植物に害をもたらし壊疽がおきてしまうが、壊疽を抑制し収量を増加させる方法を世界に先駆けて発見した。本研究では、新型コロナウイルスなど感染症を引き起こすウイルスのワクチン生産を目指したVLP(virus-like particle)を大量調製することで、植物におけるタンパク質大量生産プラットフォームを構築することを目的とする。VLPはウイルス殻タンパク質のみからなり、安全性が高く、ワクチンとしての効果が高い。また、植物を用いることで、複合体を作りやすく、抽出方法も含めてVLP生産のプラットフォームを構築する。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page