Proj
J-GLOBAL ID:202104016095730912  Research Project code:17940690

気象ビッグデータからの極端現象発生予測 ~台風のタマゴ発見から豪雨予測まで~

気象ビッグデータからの極端現象発生予測 ~台風のタマゴ発見から豪雨予測まで~
National award number:JPMJPR1777
Study period:2017 - 2020
Organization (1):
Principal investigator: ( , 地球情報基盤センター, 技術研究員 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR1777
Research overview:
台風や集中豪雨のような極端気象現象の発生をより早く予測することは、学術的だけでなく社会的にも大きな意義があります。本研究では、長期間の高解像度気象シミュレーションから、膨大な量の極端現象発生時の気象場画像を生成し、深層学習によりその予兆となる特徴量を抽出します。特徴量の識別器をリアルタイム衛星観測データに適用することにより、台風発生の1週間前予測、集中豪雨発生の1日前予測に挑戦します。
Research program:
Parent Research Project: 計測技術と高度情報処理の融合によるインテリジェント計測・解析手法の開発と応用
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page