Proj
J-GLOBAL ID:202104016117422508  Research Project code:08003088

C型肝炎に対する治療薬の研究開発

C型肝炎に対する治療薬の研究開発
Study period:2007 - 2010
Organization (1):
Research responsibility: ( , 医歯(薬)学総合研究科, 教授 )
Research overview:
C型肝炎ウイルス(HCV)は、感染すると高率に慢性化し、肝臓がんの原因となるウイルスであるが、有効なワクチンがなく、現在使用されているインターフェロンは高価なこと、リバビリンは副作用が強いことなどから、新しい治療薬の開発が強く望まれている。しかし、HCV には効率の良いウイルスの培養系が存在しないことから、有効な薬剤の探索が困難な状況である。そこで,我々は HCV と同じフラビウイルス科に属するウイルスでありながら、ヒトに対して病原性を示さない bovine viral diarrhea virus (BVDV) を用いて、薬剤の抗ウイルス効果を効率良くスクリーニングする方法を確立した。さらに、この方法を用いて多くの薬剤の抗ウイルス効果を検討したところ、γ-カルボリン誘導体の1つに選択的な抗 BVDV 効果を同定することに成功した。本研究では、このγ-カルボリン誘導体を中心に、種々の新規化合物についてHCV に対する抗ウイルス効果を検証し、安価で有効性の高い新規抗 HCV 薬の実用化を目指す。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page