Proj
J-GLOBAL ID:202104016193592595  Research Project code:17940699

反応性量子ビームによる細胞内生命現象の可視化

反応性量子ビームによる細胞内生命現象の可視化
National award number:JPMJPR17G8
Study period:2017 - 2020
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院環境情報研究院, 特任教員(講師) )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR17G8
Research overview:
反応性の高い化学物質をビーム源とすることで、試料表面で起こる化学反応により試料分子のイオン化を補助する、新しい量子ビームを開発します。この反応性量子ビームを分析プローブとして、高感度と高分解能を両立するイメージング質量分析装置を実装します。この反応性量子ビームを用いて、細胞内部で起こる代謝機構を始めとした一細胞内の生命現象を可視化することを目指します。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 量子技術を適用した生命科学基盤の創出
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page