Proj
J-GLOBAL ID:202104016277685483  Research Project code:11103792

迅速かつ高精度で容易なEPOドーピング検査法の開発

迅速かつ高精度で容易なEPOドーピング検査法の開発
Study period:2011 - 2012
Organization (1):
Research responsibility: ( , 医学部 )
Research overview:
スポーツ競技における持久力の強化に組換えエリスロポエチン (rEPO) が不正に使用される。EPOは生理的にも存在するため、ドーピング検査では生理的EPOからの分別定量が必要である。現行法はゲル等電点電気泳動と免疫染色を組合せて行われており、高い技術レベルと二日におよぶ時間を要するため、競技終了直後には判定できず、また検査できる検体数も限られる。本研究では本研究者が開発したアフィニティープローブキャピラリー電気泳動法(APCE)を用いて被験者尿中のrEPOの正確な定量を15分以内に完了する方法について、その開発の方向付けを行い、迅速に疑いのない判定を下すための基盤を確立することができた。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page