Proj
J-GLOBAL ID:202104016428763619  Research Project code:18066899

薄膜技術を駆使したトポロジカル半金属の非散逸伝導機能の開拓

薄膜技術を駆使したトポロジカル半金属の非散逸伝導機能の開拓
National award number:JPMJPR18L2
Study period:2018 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院工学系研究科(工学部), 助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR18L2
Research overview:
本研究では、トポロジカルディラック半金属Cd3As2を主な対象として、高品質薄膜・接合の作製とその量子輸送現象の解明を目指します。具体的には、(1)アーク端伝導状態の解明と制御、(2)磁気近接効果による量子化伝導の実証、(3)元素置換と膜厚制御によるトポロジカル相開拓、(4)ヘテロ構造を利用した高機能化、の4項目の研究を進め、トポロジカル半金属材料が潜在的にもつ新しい量子化伝導機能を開拓していきます。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: トポロジカル材料科学と革新的機能創出
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page