Proj
J-GLOBAL ID:202104016521746260  Research Project code:18068999

DNAのクラスターの形成による転写制御の物理

DNAのクラスターの形成による転写制御の物理
National award number:JPMJPR18KA
Study period:2018 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 工学研究科, 助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR18KA
Research overview:
DNAのクラスター形成は、高分子のミセル化と類似しています。本研究では、1)コヒーシンがアクティブにDNAの形状を縮めることと、2)その過程でスーパーエンハンサの間の結合が解離することを考慮に入れて、高分子のミセル化の理論を拡張し、定常状態でのDNAクラスターの大きさと転写レートの理論解析を行います。その成果に基づき、スーパーエンハンサによる転写制御のメカニズムを明らかにすることを目的とします。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: ゲノムスケールのDNA設計・合成による細胞制御技術の創出
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page