Proj
J-GLOBAL ID:202104016546069581  Research Project code:13416969

界面微細センサ開発とマルチスケール数値解析による熱・物質輸送-電気化学反応の連成現象の解明と最適界面構造設計

界面微細センサ開発とマルチスケール数値解析による熱・物質輸送-電気化学反応の連成現象の解明と最適界面構造設計
National award number:JPMJPR13C1
Study period:2013 - 2016
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院工学研究院, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR13C1
Research overview:
固体高分子形燃料電池(PEFC)は、クリーンで高効率なため次世代の自動車用、家庭用分散電源として期待されています。このPEFCの触媒層やその近傍における熱・物質輸送と相変化および電気化学反応の連成現象、ひいては反応の律速段階を整理・解明するためのマイクロセンサアレーとマルチスケールのモデリング技術の開発を行い、触媒性能を限界まで引き出す最適な界面構造設計技術を構築します。
Research program:
Parent Research Project: エネルギー高効率利用と相界面
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page