Proj
J-GLOBAL ID:202104016580461601  Research Project code:16815013

機械学習の高速化を指向した量子アニーリングの研究

機械学習の高速化を指向した量子アニーリングの研究
National award number:JPMJPR1665
Study period:2016 - 2019
Organization (1):
Principal investigator: ( , 高等研究所, 助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR1665
Research overview:
組合せ最適化問題に特化した量子情報処理手法である量子アニーリングの利用範囲を、機械学習処理へ拡大することを目指します。機械学習処理における膨大な計算量を要する部分を量子アニーリングで処理する方法を提案します。更に、量子アニーリング専用マシンの有する高速化性能を活かした機械学習処理の具体的事例を生み出します。これにより、ユビキタス量子社会の前駆となる基盤技術の創生に挑戦します。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 量子の状態制御と機能化
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page