Proj
J-GLOBAL ID:202104016618719764  Research Project code:11101957

超臨界流体パルス放電法を利用した炭素系素材の簡便かつ迅速作製および機能化技術構築に関する研究

超臨界流体パルス放電法を利用した炭素系素材の簡便かつ迅速作製および機能化技術構築に関する研究
Study period:2011 - 2011
Organization (1):
Research responsibility: ( , 大学院自然科学研究科 )
Research overview:
申請者は、導電性材料や高強度部材等として利用される炭素系素材(グラフェン、カーボンナノチューブ、窒化炭素など)をフェノールやピレン、チオフェン等、常態で液体または固体状態の芳香族・脂肪族化合物を出発物質として重合する技術を確立する。また、得られる炭素系素材の疎水表面上の炭素-水素(C-H)結合を、簡便かつ迅速に機能性官能基(例えば、酸化、窒化、硫化)へ変換する革新的技術の創出を目指す。反応場には亜臨界または超臨界状態の各種流体(水、二酸化炭素、窒素、アルゴン)を用い、種々の芳香環化合物および導入する官能基を有する添加物質を、前記媒体に溶解または分散状態でパルス放電処理を行うことでC-H結合を機能化する。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page