Proj
J-GLOBAL ID:202104016682976770  Research Project code:09157543

Cre-loxによる新規遺伝子増幅系を用いたタンパク質増産系の開発

Cre-loxによる新規遺伝子増幅系を用いたタンパク質増産系の開発
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学共同利用機関等の部局等, 教授 )
Research overview:
バイオマーカーに対する診断をはじめプロテオミクス分野は急速に拡大しているが、解析に不可欠なタンパク質の生産過程がボトルネックになっている。従来、動物細胞による遺伝子増幅現象が利用されてきたが、分子機構が未解明で十分に効率化されていない。代表研究者は酵母とCHOにおいてCre-lox系を用いた高速・高効率の遺伝子増幅系を確立することに成功した。この新CHO系によるタンパク質増産の有効性を評価し、現行系の欠点を補うスモールスケールの高速高効率のタンパク質増産系の構築をめざす。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page