Proj
J-GLOBAL ID:202104016932430604  Research Project code:09156797

サラウンドスピーカアレーによる高臨場音空間の構築と応用

サラウンドスピーカアレーによる高臨場音空間の構築と応用
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 情報理工学部, 准教授 )
Research overview:
本研究では次世代デジタルメディア時代に向けた新しい音響再生方式として、サラウンドスピーカアレーを用いた高臨場音空間の構築について実用化の可能性を模索する。具体的には、従来のヘッドホンシステムと5.1chサラウンドシステムの長所を融合した、近接設置型サラウンドスピーカアレーシステムの実用化を目指す。さらに、このシステムは頭部周辺に対して独立した音空間の構築が可能であるため、隣接する座席ごとに異なった音空間の構築を目指す。
Terms in the title (2):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page