Proj
J-GLOBAL ID:202104016987822595  Research Project code:11102590

量子ナノ構造を利用した新型高効率シリコン系太陽電池の開発

量子ナノ構造を利用した新型高効率シリコン系太陽電池の開発
National award number:JPMJPR11P7
Study period:2011 - 2016
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院理工学研究科 )
Research overview:
元素戦略上、有利なシリコンのみを発電層として用いて高効率積層型太陽電池を作製するにはシリコンのバンドギャップを制御する必要があります。本研究では、シリコンナノワイヤ(SiNW)を用いた量子閉じ込め構造を採用することによりこれを実現し、表面パッシベーション技術をSiNW発電層の高品質化に利用します。さらに、量子効果を取り入れたデバイスシミュレータによる解析により、SiNW 太陽電池の設計を同時に行います。
Research program:
Parent Research Project: 太陽光と光電変換機能
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page