Proj
J-GLOBAL ID:202104017105601594  Research Project code:19217201

水素技術を活用し、住民参画を目指したクリーンエネルギープロシューマーモデルの開発

水素技術を活用し、住民参画を目指したクリーンエネルギープロシューマーモデルの開発
National award number:JPMJRX19I2
Study period:2019 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 経済学部, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJRX19I2
Research overview:
【解決すべき問題】 脱炭素社会やエネルギーの地産地消の実現には、さらなる再生可能エネルギーの導入が求められている。反面、太陽光などの変動型の再生可能エネルギーの大量導入は電力システムを不安定にさせる要因になっている。再生可能エネルギーの出力変動を吸収する有効な方法として、水素を利用した蓄エネルギー技術が注目されているが、費用が高いこと、市民の水素に対する認知度が低いこともあり、普及に至っていない。 【提案内容】 本プロジェクトでは、水素技術やAIを活用し、エネルギーの消費者で生産者でもあるプロシューマーが再生可能エネルギーの変動を吸収し、既存送配電網と共存可能な小型の自立・分散型のエネルギーマネジメントシステムを構築する。さらに、プロシューマーとなり得る住民の参画が拡大する社会を実現するため、ソリューション創出フェーズに向けてシナリオを検討する。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: SDGsの達成に向けた共創的研究開発プログラム(シナリオ創出フェーズ)
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page