Proj
J-GLOBAL ID:202104017111666070  Research Project code:19217482

包括的な災害リスクのプロアクティブアラートに基づくインクルーシブ防災の実現

包括的な災害リスクのプロアクティブアラートに基づくインクルーシブ防災の実現
National award number:JPMJRX19I3
Study period:2019 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 災害科学国際研究所 社会連携オフィス, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJRX19I3
Research overview:
【解決すべき問題】 災害時に行政が発表する避難指示は広範囲に及ぶ場合があり、人々が災害を自分事として捉えられず、実際の避難行動に結びつかないことが大きな問題となっている。特に高齢者・障がい者などの要支援者は、情報入手や迅速な避難が難しい。そのため、個人や世帯単位でピンポイントに被災リスク情報を伝える仕組みが必要である。 【提案内容】 本プロジェクトでは、これまで困難であった災害毎の防災技術シーズ(地震・津波・洪水・土砂災害のリスク評価、過去被害データおよび歴史記録・伝承)の統合を行い、地域の災害リスクを包括的に評価した上で、個人・世帯単位で予防的な被害予測・避難行動を促すアラートの仕組みを開発する。また、防災科学リビングラボとして自治体・民間などとのネットワークを活用した共助の仕組みにより要支援者へのアプローチを強化し、インクルーシブな防災の実現を目指す。本シナリオ創出フェーズにおいては、手法の開発、アラートシステムの実現性・効果の検証など、仕組みの検証を実施していく。
Terms in the title (2):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: SDGsの達成に向けた共創的研究開発プログラム(シナリオ創出フェーズ)
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page