Proj
J-GLOBAL ID:202104017164337035  Research Project code:12102038

ベシクルテンプレート法を利用した中空シリカ粒子のワンポット大量合成およびその形状・構造制御

ベシクルテンプレート法を利用した中空シリカ粒子のワンポット大量合成およびその形状・構造制御
Study period:2012 - 2013
Organization (1):
Research responsibility: ( , 大学院工学研究科, 助教 )
Research overview:
イオン性界面活性剤の集合体構造を利用して、中空シリカ粒子の形態を球状および多面体形状に制御することに成功した。安価で工業的に広く用いられているカチオン性およびアニオン性の合成界面活性剤を使用し、また簡便なワンポット合成法である。中空シリカ粒子の形態は、反応溶液のpHに依存して変化することがわかった。合成した粒子の形態が球状の場合、比表面積が大きくまた高い空隙率を有した。多面体状では、棒状ミセルに由来したシリンダー構造がそのまま粒子形態となっており、細孔が規則的に配列していた。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page