Proj
J-GLOBAL ID:202104017177897145  Research Project code:20347546

超小型光相関チップを用いた光パルスの振幅・位相再生技術の開発

超小型光相関チップを用いた光パルスの振幅・位相再生技術の開発
National award number:JPMJTM20C0
Study period:2020 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 工学部, 助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJTM20C0
Research overview:
申請者はこれまでにシリコンフォトニクス技術を用いた超小型オンチップ光相関器を研究、実証してきた。この成果を活かし、チップ上でパルスの振幅と位相を測定する技術の実現を目指す。レーザー加工等で需要が急伸する短パルス光源の開発、校正にはパルス振幅・位相測定装置が必要不可欠であり、提案技術は小型、堅牢、高感度、高い測定スループットをすべて両立する測定装置をもたらす。周辺電子回路も含めて10 cm四方以下の薄型計測器モジュールを試作し、検出限界1 pJの高感度かつ0.01 radの位相確度でパルス特性を測定することを目標とする。そのために、計測器モジュールの設計・試作とそれを用いたパルス測定実験に取り組む。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page