Proj
J-GLOBAL ID:202104017379073136  Research Project code:20348062

ELSIを踏まえた自動運転技術の現場に即した社会実装手法の構築

ELSIを踏まえた自動運転技術の現場に即した社会実装手法の構築
National award number:JPMJRX20J4
Study period:2020 - 2023
Organization (1):
Principal investigator: ( , 生産技術研究所, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJRX20J4
Research overview:
自動運転技術の開発・実証研究と連動しながら、リスクとベネフィットの適切な理解に基づく新興技術のトランジション・モデルを提案する。自動運転技術のELSIの国際動向も踏まえながら、客観的な証拠に基づく事故紛争解決方法の確立を目指す。また、民俗学・歴史社会学などの観点から、自動運転技術の背景にあるELSIの規定要因や「移動」に関するモラル・世界観の形成などを分析する。安全・安心、信頼と責任、公平性などの倫理的課題に着目し、日本の地域社会の価値観に根差しながら、開発者と市民・ステークホルダーとの対話を実践し、環境設計も含む社会インフラとしてのこれからの自動運転技術の実装の在り方を検討する。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: Responsible Innovation with Conscience and Agility (RInCA)
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page